充電無料の最後のチャンス?!

テスラモデルSまたはモデルXの購入を検討している皆様は「紹介プログラム」をご存知でしょうか?既存のテスラオーナーの紹介コード(私のコードは atsushi6905 です)を使って車両を購入すると、テスラの高速充電ネットワーク、「スーパーチャージャー」を無料で使用できるというものです。

Supercharger2018Jan.JPG(Photo credit: Tesla 赤は稼働中、灰色は今年オープン予定のものです。)

この無料スーパーチャージャーがどれぐらいお得なものなのかは車の使用状況にもよりますが、私は毎月1万円前後節約させていただいています。また、この権利は車に付与されるものなので、下取りに出す時の大きなセールスポイントにもなります。しかし、紹介プログラムは2018年1月末日で一旦締切となり、2月以降に新規のプログラムが開始されるか不明ですし、されたとしても無料スーパーチャージャーが得られるか不明です。

上の図を見ていただくと分かるように、2017年までに作られたスーパーチャージャーと、2018年に作られるスーパーチャージャーがほぼ同じ数だということがわかります。2019年以降はモデル3の納車も始まる予定のため、さらに急増することが予想されます。今は自宅付近にスーパーチャージャーがなくても、数年後には建設されるかもしれません。

よくEV反対派の意見に「充電に時間がかかるから使い物にならない」というのがありますが、それはテスラ以外のEVの話です。普通のEVだと1時間あたり200km前後しか充電できないところ、テスラなら最大600km以上充電できます。そしてこれこそが長距離ドライブに欠かせない能力になります。LEAF等のEVは200km走ったら1時間かけて200km充電しなくてはならないのに対して、テスラなら200kmを20分ほどで充電できます。トイレに行って飲み物を買ってストレッチを終えた頃には充電は完了しています。

IMG_0731.PNG
(今度600km/hr以上の時に写真撮りますね)

また、普通のEVだとNCS(日本充電サービス)の充電料金の他に「登録手数料」や「月会費」という謎の利権構造が存在します。この時代遅れのビジネスモデルで本当にEVを普及させる気があるのか聞いてみたいです。

NCAPriceChart.JPG

最後に、私の紹介コードを使用してくださることで、私にどういうメリットが有るかといいますと、紹介数5人以上でテスラの新車発表会に招待されます(旅費自腹ですけど)。この時、あと3名まで同伴することができるので、お礼に現地での同時通訳をさせていただきます。また、テスラオーナーなら年に1回までファクトリーツアー(工場見学)もできるので、そういったツアーにも同時通訳として同伴できればと考えております。

以上、おさらいになりますが:

・1月末日で無料スーパーチャージャーキャンペーンは終了
・権利は車に付与
・今後も続々とスーパーチャージャーは増える予定
・私のコードを使ってくださる方は同時通訳つきアメリカツアー(旅費自腹)

 

 

注:無料スーパーチャージャーを使ってタクシーや商業目的の利用をお考えの方は本キャンペーンの対象外となります。詳しくはこちらまで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中